『再起の手記』

最上と申します。理想とする者となり幸せを実感するために日々を綴ります。