メモ的なブログ

日々の色々

1日目 これからどこへ向かうのか?

昨日、専門学校を退学することがほぼ決定した。
家族と話し合った結果だった。
自分でも、まさかこうなるとは思っていなかった。

いや、いずれこうなるものだったのかもしれない。必然的だったのかもしれないと今は思う。

弱い動機で入った環境の中、それなりに前へ進んでいた。

しかし、僕の中に染み付いていたクズの本性がついに前に進むことも許してはくれなかった。

許してくれなかったというよりは、クズであると開き直ったが故だったかもしれない。

 

僕はもうダメだった。あの環境についていけなくなってしまった。

ドロップアウトである。

別に人間関係がとかそういうことではなく、これはもう自分の気力、熱量の低下が原因でしかなかった。

人間関係で辞めてしまうよりはまだマシかもしれない。

むしろ人間関係は良好な方であったきがする。

僕のことを気にかけてくれる友達もいたわけで。僕は人にかなり恵まれたのだろうと感じる。

しかしもう、特定の友人であった人たちに応えることも今はままならない。

 

また間違えてしまったかもしれない。なんて考えて自分を疑い、後ろ手に振り返ると不安が溢れてくる。

次へ進もう。

 

これは希望のために記す現実書と言おう。

 

まずはバイトから。クズなりに劣等と妬みと自分の価値観で生きていこう。