「再起の手記」

最上と申します。再起のために手記を綴ります。

9日目 向き不向き的なことが頭にある。

今日は少し退学手続きのことが進んだ日。数値にすれば1進んだかな。

まずは学校の方に行くことと、担任の先生にアポを取ることが必要だ。

ここでも僕は勝手に気まずくなったりするけど、この認識のままとりあえず行かないことには始まらない。

俺はとにかく怠惰で脆弱。噛み締めていこう。

 

では、今日のログ

f:id:mogamiR:20180729213108p:plain

睡眠時間は朝の4時から昼12時。

飯はペンネとカレーを食った。

プロテインがほしいのでそろそろ買おう。

足りない量を補っていきたい。

 

そして相変わらず娯楽が多いが、大事なのは時間を決めることにあるので、いきなり娯楽をやめて

「プログラミング1から勉強しよう」なんてことはもしできても続かない。

時間を決める。これは大事。

まずは1日の中に「理想の時間」を10分でもいいから自分で作り出すことから。

大変だ、生きることは。

あ、今日は沢山笑ったよ。やはり楽しいよ、笑うと。

 

 

そして今日は少し、向き不向きについて考えていた。

これからバイトも何かしら始めていかないといかないので、もう一度洗いざらい自分が選ぶ職種の判断を見直していた。

そのため昔スクショした有名な方のツイートを見て、少しヒントを得た。

1

f:id:mogamiR:20180729213831p:plain

2

f:id:mogamiR:20180729213841p:plain

3

f:id:mogamiR:20180729213850p:plain

4

f:id:mogamiR:20180729213901p:plain

 

3のツイートの

「30%〜70%の人が100&と戦うのは辛いことは想像に難くない。」という言葉はなるほどなと思う。

確かに、全員が全員100%で戦える訳でもない。

自分はまず今やっていることに対してどの位置にいるのか、パターンを見極めることで生き方を見つけていくこともできるはず。

1のツイートの

「うまくいってない人は全力で不向きな嫌いなことをやっている」

もなんだか頷ける。

バイトにせよ、不向きで嫌だと思うことをメインにしている業種を選ぶと上手くいかなくなる可能性は高い。

不向きだけど克服したくて始めた接客業を僕は三日で辞めたので、別に克服しようと不向きなことをメインにしている場に行かなくても良いんだなと今は思える。

やはりやるなら清掃、倉庫内での陳列などの裏方ポジションの職が僕には向いている気がする。

まぁ、やはりやってみなくてはわからないから候補としてその二つから応募していこう。

時給が高いところがいいけど、あまり高望みもできない。

能力も資格も大きなものを持っていない者はまず自分の腕一本で貢献していかなくてはならない。

 

少しの豊かさを運んできてくれるのは、いつだって小さな勇気だ。

 

 

今日はこの辺にしておこう。

今日で9日目。案外続いている。

アクセス解析を見ると日に2〜3のアクセスがあるので、3人ほど見てくれているのだろうか。

ありがたいことだ。

僕はリアルタイムで自分の成長と変化をここに記していけたらなと思う。自分のために。

その自分のためにやっていることが、間接的にでも誰かのためになれたらならこれ幸い。

 

ではまた明日。