「再起の手記」

最上と申します。再起のために手記を綴ります。

19日目 学校へ行こう。

8月8日 水曜日

 

今日も生活習慣がおかしくなっていた。

10時から16時の時間帯まで眠ったりしていた。

そろそろ戻さないと大変だ。

 

さて、退学手続きは続き、次は学校へ行き退学届を受け取りに行かなくてはならない。

受付まで退学届を受け取りに行き、後日記入して再び持って行く。

その時に奨学金の異動届や手続きもあるからそれも頭の中に入れておく。

そうして僕は退学ということになる。良い場所だった。色んな先生と沢山の話をした。たまに一緒に帰ったこともあった。

ありがたかった。

僕がスタバに行ったことがないので、いつかスタバに行こうと約束をしてくれた先生もいた。

嬉しかった。楽しさは少なくともあったように思う。

 

それでも僕は戻らないし、戻れない。

全ては僕の未熟さが生んだ結果であり、責任は僕がとらなくてはいけない。

これからはまた前に進まなくてはいけない。

たとえそれが誰かにとって間違いでも、僕は自分で決めて進まなくてはならない。

夢の実現のため、必要なことをする必要がある。

現実的解決を目指していければと思う。

安月給でもいい。将来なくなる仕事でもなんでもいい。

世界が良くなるならそれもいいだろう。

今に目を向けて一点突破。

生きるためには泥臭くいかないとついていけない時もあるんだろう。

 

つい感傷的になってしまう。

タスクは決まっている。あとはやる勇気だけだ。

 

明日やること

1「すぐやらないといけないこと」
 ・退学手続きで学校に行き受付で退学届を受け取る。

  時間帯:午前中
2「誰に言われなくてもやりたいこと」
 ・動くための読書 ゲーム(目的を自覚すること)

  時間帯:午前中
3「やらないとあとで困ること」
 ・バイト探し

  時間帯:午後
4息抜きになること
 ・友人たちと遊ぶこと(時間を決めること)

  時間帯:午後

 

これを2→1→3→4の順で。

もしできなくても過剰に責めないように。

ただ、これは続けていこう。見えるようにしておこう。

 

今日の変化や行動

笑っていた方が自分と周りにも良いと気づいたので、人が集まる場ではできるだけ笑うように決めた。

笑えないとか、笑わないとかそういうことではなく

僕は大体のコミュニティでいじられるポジションなのでだったらもっと笑おうという感じ。

そっちの方が僕も周りも楽しいからね。

 

今日はここまで。また明日。